簡単な任意売却情報は、任意売却(任売)とは、競売に対する語であり、任意売却は自由が効くが、競売は融通が利かないということである。任売は、競売のデメリットを払しょくすることができるが、競売は任売のメリットを承継することはできない。なぜならば、競売は厳格な裁判所による法律に基づく債務不履行に対する制裁的意味合いを持つ行為ということであるからである。融通が利かないというのは、債務者にとってかなり、辛いものであり、失うものも多いことを意味する。そうした目にあわないためには、競売になる前に任売にするということが簡単な方法である。

この任売は、当事者の合意によるものであるから競売に比べると、当然に融通が効くというわけであるが、任売は制裁的意味合いを包含するものでもないため、債務者はダメージを受けずにすむ可能性もあるということである。では、どのようにすれば、任売を受けられるかというと、まずは相談であり、その相談こそが未来を切り開くカギであるともいえる。しかし、どこに相談するのかということが悩ましいところでもあるのだが、少し任売についてインターネットで検索してみると、よく目につくのは、無料相談という文字である、しかも、0120(フリーダイヤル)であり、これは債務者救済のメッセージと純粋に受け止めて良いものであるといえる。なぜ、そのようなことがいえるのかというと、そうした任売担当者は、任売に関することでそれなりに利益を上げているからできるわけであり、任売で利益を上げるということは、任売を上手く成立させているからであり、評判も良いからその相談所の経営もそれなりに余裕があるということなので、無料相談やフリーダイヤルを用いるなど債務者に気のきいたシステムを構築することができているということである。

ということは、そうしたところを債務者としては利用しなければ、抵当権が実行され制裁的意味合いをもつ競売という流れに乗ってしまわなければならないことになる。それは、自分自身を究極の底辺に追いやるためにはてっとり早く簡単な手段であるが、競売後の債務者の環境はそれまでとは大きく変化するためその後の生活はとても複雑で難しいものとなると考えられる。逆に任売ならば、債務者自身が積極的に活動しなければならないということではあるが、任売相談所のサポートはしっかりしたものであると考えられるため、任売の流れに乗るという形でその後の人生を複雑な状況に追い込まなくてもよいということになるといえる。以上から、任売も競売も簡単な事ではあるがその選択をするのは、債務者自身であるということである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*