競売を避けるために、良く行われるのが任意売却だ債権を持っている側もそれをすすm¥えることが多いとのこと。競売のように、競売物件という形で売られるのでは無いので、多少高く売ることが可能だが、一般の不動産よりは低い価格にある。債務者は、抵当権より高い価格で売れた場合は差額が受け取れるので、この点でもメリットはある。債権者との合意の上で第三者に売る形になるので、販売価格も競売よりも高く売れるのだ。ただし、抵当権が複雑に入り込んでいるような場合は、任意売却そのものが難しい。任意売却専門の業者も結構いるようで、ネットなどでも広告を見ることが出来る。

競売のように公に公開されないので、プライバシーの面でも安心することが出来る。最近は不況の影響か、この任意売却も件数が大幅に増えているようだ。住宅ローンの支払いが滞り、曾於支払いが不能となったときに、通常は担保物件が競売となってしまうのだが、その前に債権者と交渉し、任意売却という形で、担保物件を売却するのだが、この場合は間に入った不動産会社の力量が大きう問われてしまう。下手をすると結果的に競売に掛けられてしまうと言うようなこともあるので、不動産会社の選定には注意が必要だ。ほとんどの場合、任意売却を選択すると、債務者側は余分な費用を払う必要はまず無い。不動産会社に払う仲介手数料はもちろん、抵当権の抹消費用や停滞管理費、差し押さえ解除費用など、売却にかかる費用はすべて売却代金から支払うことが可能なので、債務者は基本的に自分の財布から費用を支払う必要は無いのだ。

住宅ローンの支払いが滞り、その後の支払いが難しくなった時は、まずはじめに債権者である金融機関の¥に相談することが大切で、その後任意売却に踏み切るかどうかを金融機関との間で決めていかなければならない。また、弁護士なども、多く相談を行っている。こちらは、任意売却の相談だけで無く、その前のリスケジュールの相談にも乗ってくれるので安心だ。リスケジュールとは、金融機関への支払いが滞ったときや、その後の支払いが困難になったときに金融機関との間に入り、支払額の調整などを行ったくれるもので、現代の金額では難しい返済も、月文月の支払額を下げることで、楽に支払いが行えるようにするモノだ。このように任意売却を行うことは、決して難しいことでなく、現代ではその相談先も非常に多くなっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*