別荘トライアル

 別荘のことは、まずはここで勉強です。

別荘トライアル -  別荘のことは、まずはここで勉強です。

任意売却の金額で決まってくる残債の処理

任意売却で一番大切なことは任意売却の金額です。その金額によってその後の債務の処理が決まってくるのです。例えば任意売却での金額が債務の金額を上回ったとき何も問題なく債務を返済できるでしょう。任意売却を考えた場合まずは借り入れした金融機関に相談しなければなりません。金融機関はその物件に抵当権を設定しているはずです。任意売却が成功した場合でも、つまり買い手が見つかって所有権移転しなくてはならないときに銀行がその話を聞いていなければ抵当権を抹消しないことになってしまいます。売却代金で債務がきれいにできれば別ですが、そうでないと言うことは残債務が残ってしまうことです。任意売却で一番問題になるのは残債務に関しての交渉と言うことになります。

任意売却を前もって話しておいて、残債が残ったときの処理方法を決めておかなければなりません。任意売却の金額はある程度は不動産屋さんに聞いておけばわかることです。その金額を一つの基準にして銀行と交渉しなければなりません。また、相場の金額で売却できないことも当然に想定できます。多分実際の場面では一定の金額以下では売却しないと言うような決め事を銀行は条件にしてくると思います。あまりに相場から見て安くなるようでは銀行としては抵当権を行使して裁判所に申請して競売をかけることもできるわけです。しかし銀行としてもできれば競売にはかけたくはないはずです。競売で出てくる最低落札金額は相場よりもかなり安くて、それに任意売却ではその売却コストは債務者もちですが、競売になれば理屈としては債務者もちですが実質的には銀行が負担します、銀行としてはそれはしたくはないです。債務者の一番の関心事は残債務をどうするかです。

売却できた後にその残債務を月ずき返済することになるケースが多いとは思います。債務者は債務が消えると言うことにはならないので、その後は債務だけ返済となります、できればそうはしたくはありませんね。そのためにも銀行と前もって十分な話し合いをしておかなくてはなりません。また所有権移転する際に抵当権を抹消することを確約しておかなければなりません。抵当権がついた物件を購入する人はまずいません。いつ抵当権を行使されるかわからないような物件を購入は誰もしないでしょう。任意売却は銀行にとっても債務者にとってもメリットが多い方法です。その点では両者の利害が一致しているわけです。しかしそのためには十分な話し合いが必要です。