別荘トライアル

 別荘のことは、まずはここで勉強です。

別荘トライアル -  別荘のことは、まずはここで勉強です。

はじめての任意売却対処法について

任意売却(任売)とは何でしょう?大抵の方はそこから入るのかもしれません。はじめての任意売却対処法として私が言えるのは、住宅ローンの返済を滞らせない家計を作る事が最重要であると言う事です。住宅ローンは返済延滞3ヶ月後にはローン保証会社へ取り立てが一任され、「オタクには何度も連絡していますが、ローンを3ヶ月延滞しているので、銀行へは保証会社である弊社が一括返済しときましたので、期日までに一括の返済をお願いいたします。もしそれができない場合でしたら裁判所へ申し立て本物件を競売にかけさせていただきます」と言うような内容の通知書が送られてきます。まあ、ローンが返せなくて返済を延滞しているのに一括返済はどう考えても無理ですよね。一括返済できないからローン組んでいるのだし。

しかし、返済が遅れるとそういった血も涙も理屈も通らない通知書が送られて来て競売の為の現地調査などもはじまり(要するに査定ですね)実にたたかれた金額がその物件の評価額となります。競売にかけられるデメリットとして回り近所に知られてしまう、競売物件のためじつに低い金額で取引されるなどデメリットはとても多いです。その為に任意売却を利用して迅速に対応するのが望ましいです。主に法律事務所もありますが、不動産業者が多いですね。やはり土地を扱う事なので、土地の金額の相場や、実績、地理等を理解しているのは不動産業者の様でその後の流れも理解しているようでそちらに頼むのが良いかもしれません。

任意売却の流れとしては任意売却業者の介入(裁判所執行官による競売が出される前までは交渉可能のようです。大事なのは債権者との合意が得られれば良い話で、債権者は債務を取り立てたいだけですから)から、不動産の販売の掲示(一般評価額となり競売よりはしっかりと高値です)、買い手が現れ交渉成立。その後引っ越し(引越代は任意売却業者がもってくれるケースもある。競売は一銭もでません)と言う流れです。競売と任意売却どちらが良いかと言われれば当然任意売却ですよね。その他にも住み慣れた家にいつの日か戻ってくる希望なども考慮してくれるケースもあるようで、何にせよスピード感を持った早めの相談が何より望ましいですね。一生に一回の買い物と言われそれを手放すと言うのにはとても抵抗が大きいかもしれません。しかし、続く人生の先の事を考えれば現時点で必要な事は現時点での解決を行うべきでしょう。