別荘トライアル

 別荘のことは、まずはここで勉強です。

別荘トライアル -  別荘のことは、まずはここで勉強です。

はじめての任意売却で大切なこと

住宅ローンの返済を延滞して、マイホームが差し押さえられそうになっている人も珍しくはありません。通知が来て、それでも返済することができないとなったら任意売却をすることを考えましょう。任意売却とは、自分の任意でマイホームを買主に売却することです。任意売却を決断して早急に手続きを進めないと、マイホームは差し押さえられて、自分の意思とは無関係に強制的に売却されてしまいます。ただ、はじめての任意売却では、何をどうしたらいいのか分かりません。そこで、はじめての任意売却でもスムーズな手続きを行えるための基本的な事を紹介します。まず、任意売却は複雑な手続きが必要になりますので、任意売却専門業者に手続きを依頼して行ってもらう必要があります。

任意売却業者の見つけ方としては「債権者に紹介してもらう」もしくは「自分で探す」という方法があります。例えば、任意売却を決意すると債権者が任意売却専門業者を紹介してくれることがあります。しかし、債権者が紹介してくれた業者に依頼すると、その業者は債権者側に有利に動きますので、結果として債権者主導で任意売却を運ばなくてはいけなくなります。となると債務者にとって有利とは言えない任意売却をすることになってしまうのです。紹介されたとしても断っても問題ありませんので、任意売却業者を選ぶときには自分で探すことを選択してください。では、自分で探すとしても、何を規準にして業者選びをしたら良いのか迷います。基本的に任意売却業者を依頼するとしたら、「任意売却に実績のある不動産屋」や「任意売却専門の業者」に依頼します。重要なのは、安心して任意売却をませておける業者を見つけることですが、そのために必要になってくるのが業者の情報収集です。任意売却の実績や問い合わせの際の対応などで判断してみてください。

また、任意売却業者を大別してみると、「任意売却業者が仲介してマイホームの買い手を見つけてくれる場合」と「任意売却業者がマイホームを買い取りしてくれる場合」があります。一般的には値段交渉がしやすいのは買取りをしてくれる業者ですが、高値で売却できるのは仲介して買い手を見つけてくれる業者だと言われています。一概にどちらが良いとはいえないですが、自分に合った方法の任意売却業者を見つけることが必要です。また、費用は売却金額から算出されるので、現金を用意する必要はありませんが、任売却費用は気になるところです。その点も踏まえて業者選びをしてみてください。